DGPS測位方式
全国のDGPS局
DGPS測位概念

 DGPS方式とは、既知基準点にGPS基準局(固定局)を設置し、そこで計測された
各衛星
との距離から理論上の実際値との誤差を求め、リアルタイムにその誤差情報を
テレメトリーシステムによりGPS移動局(調査船等)に転送する。

 移動局側では、この各衛星毎の誤差情報を基に計測距離の補正をし、位置の算出を行う。
 これにより約1mの精度を維持する事が出来る。
 補正情報は、海上保安庁無線標識局(DGPS基準局)から送信される中波ラジオビーコン
上の情報を使用する。