深浅測量・ナローマルチビーム
港湾などの深浅測量を中心とした海底地形調査を行っております。
船舶の安全航行、養殖場の設計等のためには欠かせない作業です。
1.ナローマルチビームによる計測
 従来の深浅測量は、音響測深機により1測深範囲内の最浅値を点として取得し、これらを結んだ線として表現していました。
 しかし、ナローマルチビーム方式の確立により海底地形を高密度の面として捉えることができるようになりました。
 また、RTK−GPSの併用により、正確で迅速な観測位置データの取得が可能となりました。
2.測量結果の多様な表現方法
 正確に三次元データが取得できるようになったために、調査結果の多彩な表現が可能となり、お客様が必要とされるようなアウトプットができるようになりました。
 右の図はその一例として、海底を俯瞰したものと、コンタにより表現し、深さを色分けしたものです。
3.他分野への活用
 ナローマルチビームの技術は、海底地形調査だけではなく、地上の地形調査,土量調査等を正確で、迅速に出来る手段として、”チームベルーガ”の一員として研究開発を行っています。
 右の図はその一例として、洞爺湖湖底データと陸上部データを合成・作成したものです。
俯瞰図(上) ・ コンタ図(下)             東亜建設工業&Team Beluga 提供
シングルビーム  (音響測深機)
ナローマルチビーム
 洞爺湖湖底及び陸上部データ
 東亜建設工業&Team Beluga 提供